スニペットがちょっとリッチになりました

スニペットがちょっとだけリッチになりました。このブログのメインタイトル「Googleへの手紙」と入力、検索すると、下の図のような、ちょっとリッチスニペットが表示されます。
sunipetto.png
リッチスニペットの詳しい作り方は知らないが、リッチスニペットは検索結果の上位に表示されたときに表示される。他に同じサイト名がないときや、サイトが多くの被リンクを得ているときに、ズバリとサイト名を入力、検索すると出てきやすい。リッチスニペットの作り方があるらしいが、最終的にスニペットの形を決めるのはGoogle様です。

ちなみに、このブログのメインタイトルとサブタイトル「Googleへの手紙|無料で公開!小手先だけのSEOテクニック!」と入力、検索すると、SERPの上位はほとんどこのブログ記事が占領するが、リッチスニペットは出てこない。これはGoogleがメインタイトルとサブタイトルを区別できているのではないか?とさえ思える。

私が見たことのあるリッチスニペットは大きく分けて2種類ある。一つは上の図のような、私のブログを検索した時のような形。もうひとつは、「晴練雨読」さんを例にした下の図のようなものである。
seiren-udoku.png

他にも著者の写真を表示したり、Google+のフォロワー数を表示したり、150文字くらいの文字数を表示したりと、いろいろなスニペットの形がある。とにかく、スニペットの形式がちょっとリッチになったと思ったら、それはGoogleからの評価が上がったということかもしれない。
関連記事