サイトマップは2種類あるのをご存知か?人間用とGoogle用だ

サイトマップ(Site Map)と呼ばれるのもには2種類のものがあります。人様のためのものと、検索エンジンのためのものです。どちらも、サイト内情報の目次的な役割があり、訪問者(人orクローラー)がたどり着きたいページに素早くアクセスするのに役立ちます。

人間用

人様向けのサイトマップの例。OCNのサイトマップこのブログのサイトマップ(全記事一覧)。全記事一覧もサイトマップです。
これはわかりやすいし便利です。サイトマップを作ると内部リンクの構造が変化するため、SEO効果があるかもしれません。トップページをサイトマップ風にすると、検索エンジンもサイト内を巡回しやすいですし、PageRankが全部のページによく回ります。でもトップページからの発リンク数が多すぎると、人間もクローラーもサイト内を巡回しづらくなります。

検索エンジン用

対して検索エンジン向けのサイトマップは、クローラーと呼ばれるサイト内を巡回するロボットのためにつくります。検索エンジン向けのサイトマップは「site maps」と英語表記されることが多いです。例としてこのブログのサイトマップを挙げときます。なにがなにやら、さっぱりですが、検索エンジンはこのサイトマップを見てサイト内を巡回できます。
このサイトマップはxml形式と呼ばれていて、FC2ブログが勝手に作ってくれました。。記述方法がHTML形式になっている、とGoogleから指摘されましたので役に立っているかどうかは不明です。作っただけでは効果がなくGoogleに送信する必要があります。

これら2つのサイトマッップを混同している人がいるかもしれないので記事にしてみました。どちらのサイトマップも、ないよりはあったほうがいいと思います。
関連記事