Yahoo!カテゴリのSEO効果

大手ディレクトリ登録といって、真っ先に思いつくのがこのYahoo!カテゴリだろう。

ビジネスサイトは登録できるかどうか、有料で審査してくれる。審査料として52500円かかる。
また、公共性の高いサイトや、情報が充実した優良サイトは無料で登録してくれることもある。
登録されるのがかなり難しいことで有名だ、私のサイトも登録できなかった。

果たして、このYahoo!カテゴリへの登録どれほどの効果があるのか。

まず、Yahoo!JapanのホームページのPageRankは8であるが、
Yahoo!カテゴリに実際にサイトが登録されてるページのPageRankは0~5だ。

ソースを見るとnofollow属性は使われていない。難しいJavascriptが使われているが、リダイレクトされているわけでもなさそうだ。こちらのサイトに詳しい記事がある。

つまり、リンクジュースは確実にいきわたっている。リンク売買である。

SEO的に効果があるかどうかは、Googleにしかわからないが、
リンク売買によるペナルティの可能性、ページランク0の階層の深い所からリンクされる可能性、
高額な審査料を支払っても、登録されない可能性、これらを考えあわせると、個人的にはお勧めできない。

ブラックハットなSEOのブログを書いている私でもSEO対策的には、お勧めできない。

そのかわり、Yahoo!Japanは日本一のページビュー数を誇るサイトであり、
そのサイトからリンクを受けることは、トラフィックの上昇、アクセスアップにつながるかもしれない。
何のためにSEO対策するのか?考えたことはあるだろうか。
もちろん、アクセスアップのためでしょう。
SEO対策よりも、無料でトラフィックを集める方法があれば、
SEOなんて言葉も、検索エンジンも存在しなくなるかもね。

Yahooカテゴリに登録する意味はそこにあるかもしれない。

最後に、実際にYahooカテゴリに登録された「吹風日記」のこの記事に、実際にYahooカテゴリに登録されて、アクセス数がどう変わったか書いてあるので、紹介して今日は寝ます。おやすみなさいzz…
関連記事