スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカーテキストで、スパム判定?

昨日はアンカーテキストの重要性という内容でしたが、今日はその続きです。

Googleの検索エンジンアルゴリズムは、人手を使わずにアルゴリズムで、
怪しいサイトを発見し、警告を行うこともあるようです。
そんなことが書いてある記事を発見しました。

Googleは、とにかくナチュラルな被リンクしかSEOには効果がないと言っています。
被リンクがナチュラルな被リンクか、ウェブマスターが意図した被リンクかどうかをを見極める一つの方法として
アンカーテキストを調べているようです。

たとえば、このサイトにリンクを貼るとしたら、アンカーテキストは「http://blackhatseo.blog.fc2.com」とURLそのままだったり、タイトルの「ブラックハットSEO」だったり、
無精な人であれば、「このさいと」とか「ここ」であったり、
こちらがうれしいアンカーテキストは「SEO」ですが・・・

とまあこんな具合に、アンカーテキストは自然に散らばるわけです。

ところが、自作自演のサイトや、相互リンクプログラム、では、アンカーテキストが、ほぼタイトルで固定されます。
さらには、リンク売買で得たリンクでは、上位表示させたいキーワードをそのまま、アンカーテキストにしたりします。

この不自然な、散らばりのないアンカーテキストをGoogleは怪しいと思い、警告や、ペナルティを与えることがあると言います。

なるほど、そういえば以前、相互リンクスパムとして、紹介したサイトhttp://cdsunasur.org/(記事はこちら)は相互リンクの際のアンカーテキストを指定していたなぁ…それがペナルティの原因かもね。

とにかく、ブラックハットなSEO対策としては、アンカーテキストは適度に散らばせる必要があるようだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。