Googleのハッタリ

正しいSEOの教科書といえば、Googleウェブマスターツールですよね。

しかしこの、Googleウェブマスターツールに書いてあること、と現実の検索結果には
あまりにも大きなギャップがあって、私には、Googleがハッタリを言っているようにしか思えないのです。

以下はGoogleウェブマスターツールからの引用です。
”相互リンクに参加している一部のウェブマスターは、リンクの品質、ソース、自分のサイトに与える長期的な影響を無視して、相互リンクだけを目的としたパートナー ページを作成しています。これは Google のウェブマスター向けガイドラインに対する違反となり、検索結果でのサイトの掲載順位に悪影響を与える可能性があります。”

たとえば、「SEO」と検索したときに上位に出てくる、http://link.style-100.com/
このサイトは何だろう?
相互リンクだけを目的としたページじゃないか!ほかにもいっぱい、ありすぎて紹介しきれない。

Googleの検索エンジンアルゴリズムってこの程度のものなのか?
今のGoogleはテクノロジー不足なのか?
それともペナルティを急激に与えると、自社の検索エンジン離れが起こることを恐れているのか?

Googleは、もっとクールでドライな検索エンジンだと思っていただけに残念でなりません。
関連記事