スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相互リンクはSEO対策になるか?難しいブログ同士の相互リンク

相互リンクはいまだにSEO対策として有効です。Googleは、相互リンクはSEOには効果がない、と言ってますが…おそらくGoogleお得意の脅しでしょう。相互リンクがSEOに効果があるとなると、インターネット広告というものが、必要なくなります。相互リンクしまくれば、あらゆるサイトに広告が貼れて、さらにリンクジュースも得られるという。一石二鳥のテクニックです。ただGoogle Adwordが収益源のGoogleがこのまま相互リンクを野放しにするとは思えません。

ブログ同士の相互リンクは難しい

ブログ同士の相互リンクはSEO効果があるのか?それは、場合によるので、計算しきれないくらい難しい。相互リンクは検索エンジンアルゴリズムの一つPageRankを上げるための手法である。

PageRankが上がるのはトップページだけかもしれない

PageRankのアルゴリズムは現在どうなっているのか不明なので、Wikipediaに書いてあるページランクで考えてみる。普通ブログ同士の相互リンクはブログロール、ヘッダー、フッター、サイドメニューなどの全記事共通部分から、リンク先のトップページに発リンクされる。

当然トップページのPageRankは上がる、しかしトップページをはじめ全記事内の外部への発リンクが増えることで、内部リンクに回るリンクジュースが減る。結果的に個別ページが検索結果にヒットすることが少なくなる。特に3クリックしないとたどり着けないようなの過去の記事にリンクジュースが回らず、過去に書いた人気記事もどんどん検索エンジンにヒットしなくなるだろう。

相互リンク相手が記事を更新しない

私のブログは、既に50ページくらいのページ数がある、今でも頻繁に記事を書き続けている。ブログロールから外部サイトに1つ発リンクすると50個の発リンクをすることになる。
それに対して相互リンクの相手は10記事しかなく、1月に1回位しか記事を更新しないとしたら、それはフェアな取引とは言えない。

相互リンク相手が相互リンクを増やし続けるかも…

発リンクが多いブログから被リンクを受けても、SEO効果は期待できない。発リンクが100個のページからリンクをもらうのと、発リンクが50個のページからリンクをもらうのとでは、もらえるリンクジュースに倍の差が出る。もちろんPageRankが同じと仮定しての話だが。

相互リンクは解約できるのか?

SEOに効果があると思って。何人もブロともを作ったとして、それはいつ解約できるのか?永遠にリンクし続けなければだめなのか?普通相互リンクは小難しい契約などしない。相手に相互リンク解除を依頼して、断られたらどうするの?ちと考えすぎかもしれんが、ブログ同士の相互リンクって解約しずらいよね。

相互リンク関連のスパム

検索エンジンがないとしても大いにアクセスアップ効果がある相互リンク。使い方によっては検索エンジンスパムとみなされる。

相互リンクだけを目的としたサイト

相互リンクだけを目的としたサイトとは相互リンクしないほうがいい。ウェブマスターツールにも書いてあるが、検索エンジンスパムとみなされることがある。自分のブログの1ページを相互リンク用ページにするのも同じくスパム行為とみなされる。実際にこのようなサイトが最近検索結果で順位を下げている。過去の記事「相互リンクプログラムの末路」このサイトもペナルティ?参照のこと。

過剰な相互リンク

オリジナルのコンテンツがあるにしても、相互リンクし過ぎは検索エンジンスパムとみなされることがある。100個までの発リンクならいいという都市伝説があるが、真偽は不明。具体的に何個まで相互リンクしていいとかGoogleは言っていない。

まとめ


  • 相互リンクは上手く使えばSEO効果があるかもしれない。少なくともアクセスアップ効果はある。

  • ブロともなどのブログ同士の相互リンクはSEO効果があるかどうか難しい。お勧めはできない。

  • 過剰な相互リンクは検索エンジンに嫌われる。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。