スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを書き続けるためのモチベーションの保ち方

はてなブログだけで、1日に260のブログが死んでいます。「ブログはいつ死ぬのか」参照のこと。だとしたら、はてなブログより利用者の多いFC2ブログは、もっと多くのブログが死んでいるはず。今日はブログを書き続けるためのモチベーションの保ち方を憶測と妄想だけを頼りに書きます。

ブログを書き始めた動機を思い出せ

一体あなたは何のためにブログを書き始めたのか?もう一度思い出せ。ブログを書き始めたころのブログ更新頻度は高い。君はブログを書き始めた理由を忘れている可能性がある。もし、ブログを書き始めたころの目的が達成できているなら、これ以上ブログを続ける必要はないだろう。

ブログをマネタイズせよ

何の収益も上がらないブログを書き続けるのはつまらない。アフィリエイトやアドセンスの広告を貼るのもよい。FC2ブログならブロマガ機能を使ってインフォプレナーになってもいい。お金にならないことをやるような暇人なら別だが、利益を生まないブログを更新し続けるのは辛いだろう。

自分のブログのアクセス数を知れ

人に見られないブログを更新し続けることはむなしい。アクセスカウンター、アクセス解析などを使って実際に読者の数を数値化することで、人に見られていることを実感せよ。アクセス0の日のむなしさ、アクセス数が上がった時のうれしさは、ブログを書くモチベーションにつながるだろう。

少し恥ずかしいようなことを書け

日記なら、人に知られるのが少し恥ずかしいくらいのことを書け。その方が読者も喜ぶし、恥ずかしいという感情とともに、脳内からドーパミンが出て快感も覚えるはずだ。変態でなくてもだ。匿名で書いてるブログなら、人物を特定されることはない。安心して恥ずかしいことを書け。

自分で決めたブログジャンルにとらわれるな

ブログはカテゴリ分けさえちゃんとすれば、自分の決めたブログジャンルと関係ないことを書いても全く問題ない。書きたいことを書くのだ。とにかくアウトプットすることで、モチベーションは上がる。

他人のブログを見ろ

他の人が書いたブログを見てみるといい。ゴミのようなブログばかりだ。おもしろい記事、役に立つ記事などそう簡単には書けない。それにブログの価値を判断するのは、読者である。自分で面白いかどうか、役に立つかどうか判断する必要はない。もっと気楽に書いてみよう。


以上、憶測と妄想で書いてみましたが、あながち間違っていないのでは…
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。