ウェブページの表示速度とGoogle検索エンジンアルゴリズム

Googleは検索エンジンアルゴリズムにウェブページの表示速度つまり、スピードをとりいれています。このサイトにそのことが書いてあります。日本語の検索ではスピードが考慮されているかは、不明。

あまりに読み込みが遅いウェブページでは、クローラーもあきらめて帰ってしまうそうです。昨日の記事、「見出しタグ(h1,h2…)の重み付けと使い方」と同様に、わずかしか検索順位に影響を与えないものだが、知っておくだけで随分違うと思う。

ウェブページの読み込み速度が遅くなる原因は、画像の使い過ぎ、java scriptの使い過ぎがある。サーバの問題もあるかもしれない。アクセス解析やアクセスカウンター、画像広告(特に画像がチカチカ切り替わるやつ)などを多く使うと、ページの読み込み速度が遅くなる。本気でアフィリエイトやアドセンスで儲けようと思ったら、そこらへんも考慮に入れたほうがいい。

このブログは画像はあまり使ってないし、テンプレート自体に画像は使ってない、アクセス解析を使っているがGoogle Analytics は結構速い。実際の読み込み速度をウェブマスターツールで調べてみた。

サイトパフォーマンス概要

速いでしょ!ウサイン・ボルト並みだね。Powered By FC2ブログ!
関連記事