スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も美しいフォント「メイリオ」

私は、直筆でもブログでも字が汚い。せめてブログくらいはきれいな文字にしたいと思って、「font-family」で検索していたら、素晴らしいフォントを発見した、それが「メイリオ」。実に美しい。

フォントの設定方法

CSSの編集画面で body { font-family:"メイリオ"; } とします。font-familyにすでにフォントファミリーが何種類か指定しある場合は、"メイリオ"を一番左側に指定する。メイリオが使えないブラウザでは、指定したフォントの左側から順番に、使えるフォントが使われる。

問題点

「メイリオ」はWindows XPでは見れないらしい。ブラウザの種類によってもによっては見れないらしい。あとは文字が少し大きい、文字間のスペースも大きいので今まで1行で収まっていた文字が2行にまたがることもある。

このブログも文字がいたるところではみ出した。文字を小さくするか、横幅をもっと広げないと「メイリオ」を生かせないだろう。新たな課題ができた。

それにしても美しい

色々欠点はあるものの、やっぱり「メイリオ」は美しい。他のフォントとは比べ物にならない。この美しいフォントが見れない方、お悔やみ申し上げます。

デザイン的には素人だが、フォントを「メイリオ」にするだけで、何かプロっぽくなった。レイアウトや、画像の使い方うんぬんよりも、まず文字をきれいに見せることが重要と思う。「メイリオ」のフォントで見れなくても、line-heightとか、letter-spacingをいじって、文字をきれいに見せることは可能だ。

参照サイト
日本人が好きなフォントは?:CSS入門
XPでVista搭載フォント"メイリオ"を使う
ヒラギノとMS Pゴシックとメイリオの悩ましい関係
font-family ヒラギノ角ゴ、MSゴシック、メイリオの優先順位
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。