スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックがなくなる

ブログのトラックバック機能はそのうちなくなる。…と思う。
どうもトラックバックという機能はほとんど使われていないようだ。使い方が分からないのか?それとも何のために使うのか?分からない人も多いのだろうと思う。

私はトラックバック機能をフルに使っている。1記事1トラックバックを目指している。それが私のSEO対策の一つです。このブログでは相互リンクプログラムを随分批判してるが、実は私のSEO対策はトラックバックを使った相互リンク中心です。Googleは相互リンクはSEO対策にならない、と明言しているのでSEO対策とは言えないかもしれませんが…

ブログの場合検索エンジンに引っかかるのは、トップページより個別記事のほうが多いのが普通です。私のブログもそうです。なのでなるべく個別記事のPageRankを上げることが必要になる。個別記事のPageRankを上げるにはもちろんオーガニックなリンクを得られるようなユニークな記事を書くことが最も良いのだが。そう簡単に被リンクが得られるような記事は書けないのが普通だ。私自身も被リンクが得られるようなユニークな記事を書けるとは思っていないし、ユニークな記事を書いたところで、被リンクが得られるとも思っていない。

そこでトラックバックという機能を使っているのである。FC2ブログの説明ではトラックバックというのは相互リンクするための機能である、というような説明があるが、正しくは他人のブログのリンクを貼ったことを、リンクを貼られた側のサイトに知らせるための機能である。相互リンクになるかどうかは、トラックバックを受け取った側の対応によるので、相互リンクにならず、ただこちらからリンクを貼るだけになるかもしれない。

しかし、自分の記事を読まれて、参照されて、リンクを貼られるということは無条件にうれしい。トラックバックされた側としても、自分の記事がトラックバックされている記事であるというのは自慢できることである。ということで、トラックバックされた側も、ケチョンケチョンに批判されてリンクを貼られた場合でなければほとんど、トラックバックを受け入れてくれるだろう。

そんな便利なブログ機能、トラックバックではあるが、最近は無料ブログサービスでもトラックバックが使えないブログサービスが増えてきている。GoogleのBloggerなどはトラックバック機能がついてない。忍者ブログも以前はトラックバック機能があったらしいのだが、どうもトラックバックを利用する人が少ないという理由でトラックバック機能は廃止された。

トラックバック機能は徐々に廃止される方向にある。たとえ相互リンクにならずとも、トラックバック先のリンクがnofollwになっていようと、トラックバックが使えるのは今だけかもしれない。どんどんトラックバックを使っていこう。

おおっと、記事を書くのに集中しすぎてトラックバックするのを忘れた。トラックバックバンクの記念すべき第1回目のトラックバックテーマがトラックバックであった。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。