スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークリフトオペレーターの仕事

フォークリフトは工場、倉庫、プラントなどの職場で使われていて、仕事時間の9割フォークに乗る仕事、仕事時間の1割くらいしか乗らない仕事と、いろいろな局面で使われる。

免許・資格
フォークマンとして働くには、「フォークリフト運転技能講習」に受かる必要がある。この資格は実質的に免許であり、この「フォークリフト運転技能講習修了証」が無ければフォークマンとして働けない。

フォークリフト運転技能講習は学科と実技があるがそれほど難しくない。4日くらいの講習を受ければ、ほとんどの人は合格する。受講料は4~5万円。

待遇・給料
待遇面は、資格と技術が必要なこと、危険な作業であることから、同じ職場で働くフォークリフトを使わない作業者と比べると時給にして100円~200円高いのが普通。

フォークリフトの種類
形状から、カウンターフォークとリーチフォークに分かれる。カウンターフォークは比較的重いものを運ぶのに適している。リーチフォークは小回りが利き、狭いところや屋内でよく使われる。立って運転するものが多い。

フォークリフトの爪にアタッチメントを付けて作業することもある。フォークリフトの爪を長くするもの、ドラム缶を掴むアタッチメント、積み荷を吊り下げて運ぶアタッチメントなど。

必要な技術・危険性
フォークリフト作業をしているところを見たことがない人はいないと思う。フォークリフトを運転したことがない人には簡単そうに見えるかもしれないが実際にはキャリア1年の人とキャリア10年の人にはかなり技術に差がある。積み荷は意外に簡単に落ちるうえに、作業者にはスピードが要求される。

大型運転手は気性の荒い人も少なくない。ちんたら積み込み作業をやっていれば、怒られる。技術がないのに慌てれば簡単に積み荷を落とす。どんなに怒られても、急かされてもマイペースで運転できるメンタルの強さが必要。



フォークリフトを使う主な職場
フォークマンの需要は東京より地方、工業地帯に多い。

大型・中型ドライバー
多くのの大型・中型ドライバーはフォークリフトが運転できる。工場や、倉庫の社員がフォークリフトで積み込みをやってくれるところ、自分でフォークを使って積み込むところ、両方ある。

重量物を扱う倉庫
ピッキング、倉庫内での移動、トラックへの積み込みなどの作業がある。

プラント・工場
プラントでの材料投入、工場での部品の受け入れ配給、製品を運ぶ、トラックに積み込むなどの作業。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。