nofollowはデファクトスタンダードになりえるか

nofollwは、リンクした相手にリンクジュースを渡さないという意味で使うとされている。例えば広告でリンクを貼る場合、rel="nofollow"を使わないと、広告先にリンクジュースを渡すことになりこれはリンク売買とみなされてしまう。

しかし、広告にnofollow属性を使うことを提唱しているGoogleでさえも、Adsense広告ではnofollowを使っていない。これじゃあnofollowなんか、本来の目的では使われるわけがない。もちろんAdsenseなんかはnofollowを使わなくても、なんか難しいJavascript?を使ってリンクジュースが渡らないようにしているのだろう。アフィリエイト広告なんかでもnofollowが使われているのは見たことがない、ほとんどの場合広告をクリックしたときにリダイレクトさせることによって、ダイレクトにリンクジュースが渡らないようにしている。

nofollow属性が主に使われているのは、WikiPediaなどのWiki、あとはブログのコメント欄くらいである。ちなみにわたしは、外部リンクにnofollow属性もリダイレクトもされないWikiを発見した。ライブドアWikiである。興味のある方は、ライブドアWikiの編集に参加して被リンクを得てみてはどうだろう。

わたしは、他人のサイトの記事を参照したら、その記事の書いてあるURLに対してリンクを貼るというのは、当然のマナーのように思っているが、Wikipediaは人の記事を参照しても、nofollowリンクを貼るだけなのである。これはnofollowの悪用といえるかもしれない。

また内部リンクにnofollowを使って検索時に表示される必要のないページに対しては、リンクジュースを渡さないという「PageRankスカルプティング」なる手法まで登場した(もはや効果はないと言われているが…)。これについては、後で記事を書く予定。

nofollow属性は本来の使い方で使われずに、悪用?する方法が色々と考えられている。このFC2ブログにも4つの広告があって、いずれの広告もnofollowは使われていないが果たして、私のリンクジュースはどこへ行っているのやら。
関連記事