Google SEOで検索結果の順位を決める要因

Googleは200以上のアルゴリズムを組み合わせて、検索順位を決定しているが、決してすべて極秘にしているわけではなく、Google 検索エンジン最適化スターター ガイドGoogleウェブマスター向け公式ブログSearch Console ヘルプなどのサイトで公開可能な情報は提供している。
また鈴木謙一さんの海外SEO情報ブログ は鈴木謙一さんの個人ブログながら、Googleが提供している最新情報を、分かりやすくまとめている。

私はリバースSEOエンジニアであり、検索結果の変動からGoogleの検索エンジンアルゴリズムを予想し実証するという研究をしている。このサイトはその一環でもある。そういう見方で私はあらゆるキーワードで検索してきた。

SEO、検索順位に影響を与える要因をリストアップしてみる。

  • 無料ブログなどで使えるサブドメインより独自ドメインの方が有利である。またSSL通信のサイト(https://)から始まるドメインのほうがやや有利

  • 雑多な内容を取り扱うサイトより、テーマを絞ったサイトの方が上位表示されやすい。

  • コンテンツの種類、「画像」、「動画」よりも「文字」を多く使ったコンテンツは上位表示させやすい

  • ボリューム、1ページのボリューム並びにページ数が多いサイトほど上位表示されやすい。

  • <title>タグに検索キーワードが入っているサイトは上位表示されやすい。

  • クリック率、当たり前のことだがクリック率の低いサイトをGoogleが検索上位に置く訳がない。自分のサイトで検証済み。

  • 被リンク、バックリンクが多いページほど上位表示されやすい。Google Page Rankは今でも利用されている。

  • サイトの表示速度

  • モバイル端末での閲覧時の「コンテンツのサイズ」「リンクの間隔」など、モバイル端末での検索順位に影響する。


以上が【現在公開可能な情報】だ。
関連記事