キーワードの検索需要を調べよう

SEO対策を始める前に、検索上位表示されたいキーワードの需要があるか調べる必要がある。検索需要がないキーワードで上位表示されたところで、アクセスアップにはつながらない。これはウェブサイトを作る前に調べておいた方がいい。ウェブサイトを作る前に検索で上位表示されたいキーワードの需要があることが分かれば、そのキーワードを使ったドメインを作ることができ、ブログタイトルにもそのキーワードを入れることができる。

検索キーワードの需要の調べ方

私の場合フェレットプラスのキーワードランキングとGoogleAdworsのキーワードツールを使っている。どちらも会員登録が必要だ。フェレットプラスのキーワードランキングは文字どうりランキング形式でGoogle、Yahoo!、Bingでの検索結果を検索数の多い順に、キーワードを表示している。
Google Adwordsのキーワードツールは調べたいキーワードを入力すると、そのキーワードが月に何回くらい検索されているか分かる。

どれくらいの検索需要が必要か

これはどんなウェブサイトを運営しているかによるが、たとえば非常にニッチなものをネットで売っていて、そこに来るお客さんも、ニッチな商品を求めている場合は。検索需要はほとんどいらないだろう、そういう狙いのビジネスなのだ。

私が思うに、1日100ユニークユーザーの訪れるサイトは人気サイトと言えると思う。1日100ユニークユーザーということは、狙ったキーワードでの検索も1日100回以上必要だ。つまりひと月に3000回くらいの検索需要が必要だ。日本の検索エンジンシェアは調べてみたが、諸説あるので詳しい所は分からないが、おおよそ、Yahoo!とGoogleが五分五分くらいだろう。という風に考えると、Google Adwordsのキーワードツールでひと月に1500回以上の検索がないと、1日100ユニークユーザーは難しいだろう。

もちろん、サイトを訪れる人は、リンクをたどってくる人もいて、一概に検索キーワードの需要にこだわる必要はないのだが、今回はそれはなしにして考えている。

関連キーワードの需要も合わせて調べよう

例えば、私が上位表示を狙っているキーワード「SEO」はGoogleだけで、ひと月に1千100万回くらい検索されている。「SEO」に関連するキーワードとGoogleでのひと月当たりの検索数を挙げてみた。
・PageRank 80万回
・キーワード 24万回
・被リンク 4万回
・相互リンク 6万回
・ソーシャルブックマーク3千回
・SMO 180万回(試験実施機構管理機関も含まれる。)
・SEM 1千600万回(走査型電子顕微鏡もふくむ)
こうしてみると、「SEO」というキーワードはビッグキーワードと言えると思う。

キーワードに検索需要があればSEO対策をしよう

狙ったキーワードや関連キーワードに十分な需要があることが分かったら、SEO対策をしよう。もし狙ったキーワードや関連キーワードを検索する人がいなければ、SEO対策は不要だ。検索キーワードの需要がないということは、だれもその情報を必要としていない。商用サイトであれば、サイトを作ること自体考え直した方がいいかもしれない。
関連記事