スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセスログは宝の山

多くのWebサイトが何らかのアクセス解析を行っていますが、そのほとんどはPV(ページビュー)数やUU(ユニークユーザー)数を見ているに過ぎません。確かに「アクセスが増えた、減った」で一喜一憂するのは楽しいことで、ホームページの改善意欲やブログの更新意欲を高めてくれます。しかし営利目的のWebサイトはそれだけでは勿体ないのです。アクセスログはユーザーの期待や不満が詰まっている「宝の山」なのです。

私はアクセス解析から得た情報から、コンテンツのタイトルや内容を変えたり、内部リンクの構造を変えたり、不要なページを削除することもあります。また、広告のクリック率クリック単価が低ければ、広告の数や、位置、サイズを変えてみたり、問い合わせが少なければ、ランディングページの見直しや、EFOを行います。仮に見込みアクセス数から程遠い状態であれば、サイトの根本的な見直しや、ネットビジネス、Webマーケティングからの撤退も考えます。

もちろん、すべての変更が「改善」となる訳ではなく、なかには「改悪」となってしまうこともあります。その場合さらなるアクセス解析を行い、どこが悪かったのか原因を調べ、サイトの改善計画を立てて、実行する「PCDAサイクル」がさらにWebサイトをユーザビリティの高いものにしていきます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。