スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「作成」と「制作」の違いとは?

「作成」と「制作」の違い、皆さんはわかりますか?私には分かりませんw少なくとも日本語としての違いは判りません。しかしSEM SEOの観点からは、明らかな違いがあります。
仮に自分がホームページの作成or制作会社だとしたら、どちらのキーワードを使いますか?「ホームページ作成」[ホームページ制作]では検索結果がずいぶん違います。

私ならSEOの観点から「ホームページ作成・制作」という風にして両方使います。月間平均検索ボリューム (Google AdWordsキーワードプランナー調べ)では「ホームページ作成」は40,500、それに対して「ホームページ制作」は9,900となっていて、どちらも検索需要が多めなキーワードなので両方使います。「キーワード入力補助機能」と「関連検索キーワード」からも「作成」が優勢ですが、「制作」も捨てがたいところです。SERP上位表示される難易度も似たような感じです。

タイトルには「作成・制作」として記事中では「作成」を使います。あまりにも「作成・制作」と繰り返し使っていてはリテラシーのない奴と思われます。

仮にAdWords広告を出すとしたら、今なら「ホームページ作成」というキーワードに広告を出します。これは推奨入札単価が「ホームページ作成」¥539に対して「ホームページ制作」¥1,016と競合性が高い事(AdWordsキーワードプランナー調べ)と、検索ボリュームが多いほうがリスティング広告の入札単価が安定するからです。

このようにリテラシのない私でもデータさえあれば、SEO・SEMに関して最適なキーワードをチョイスできます。
ちなみに日本語的には「ホームページ作成」「ホームページ制作」どちらも間違いでは無いようです。「ホームページ制作 作成について」
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。