私のFX失敗談、あるあるな注文ミス

普通にトレードして、思惑がはずれて損失を出す。これはよくあることだが、私の場合注文した時点で失敗したトレードが1回あった。イージーミス、オーダーミスだ。

8年前くらい?の話。まだ、英ポンドが高金利通貨だった時代、レバレッジに法的な制限がなかった時代の話だ。
ハイレバレッジ大好き、高金利通貨大好きだった私は、GBP/JPYやGBP/CHFをよくトレードしていた。オーダーミスしたのは確かGBP/CHFの買い注文だった。

私はFXトレードのときは、ほとんど成り行き注文しか出さないのだが、モバイル端末で注文するときだけ、指値注文を出す。
その日もたしか、昼間、携帯でGBP/CHFの指値注文を入れていた。夕方、仕事から帰ってパソコンのモニターでリアルタイムな為替レートを見ながら「GBP/CHFがなかなかいい値段になってきたな」などと思いながら、買いタイミングを伺っていた。コーヒーを飲みながらしばらく待っていると、GBP/CHFが狙いの値段まで下げたので、私は迷わずマウスをクリックして成り行きで買い注文を入れた。


・・・そうだ・・・昼間も確か指値注文を入れていた・・・2重注文だ・・・忘れてたw

普段からハイレバレッジなトレードをしていたので、更に倍のレバレッジはきつい。
どうしようか迷ってるうちに、含み損は6万円になっていた。

ようやく腹が決まって、私はすべてのポシションを損切りした。

これからは注文ミスをしたら、即座にミスしたオーダーだけ手仕舞うことにしよう。

うん、そうしよう。
関連記事