スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買いました金、選びました金、ツッコミどころ満載の第一商品のCM

最近も見たような気がする第一商品のCM「ついに買いました金、選びました金」がツッコミどころ満載で面白すぎる。

「時代は実物資産 金へ」。金の実物(現物)を買うってこと=お買いもの≠資産運用。CMの冒頭で「資産運用に活力を」ってあるじゃない、金は金利も生まないし、利息もないけど、それでも資産運用と言えるの?

「買いました金」。いつ買ったのよ?そしていつ売るのよ?長いことCMやってるけど、金の買い時はいつ?セミナーで勉強できても、サポートがあっても結局は自己責任じゃない?

「資料を読んだり店頭で聞いてみたけど、やっぱり実物資産がいいかな?と」えええ!なんで!?なんでそうなるの?いきなり金の実物!!普通は、国債とか有価証券に行くのでは?

金は実物であろうが先物であろうが、相場の変動がある割りに、金利も生まず、危険な買い物ですよ。資産を守るためならいいけど、元本保証もない。資産運用には不向きな商品、というより投機です。

実物資産の金が欲しいなら、金先物の買いに失敗してからでも、遅くはないよ。保管料はかかるけど、倉庫に預けておいて、金倉荷証券にして、それを担保にお金を借りてもいいし。「現受け」して、お習字の文鎮にでも使えるかも。

とにかく、実物資産の金を買うことが、資産運用に活力を与えることにはならないと思う。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。