古くなった「会社四季報」の使い方

10月5日です。秋雨前線の影響でしょうか?くもりや雨の日が続いております。


株式投資家の皆さんなら「会社四季報」1回は買ったことがあるでしょうが、この四季報の情報が古くなったバージョンはどのように保存、または処分していますか?

「会社四季報」はものすごく分厚いので
会社四季報 厚さ 4.5cm
4.5cmもある。数年分保存しようと思ったら本棚が埋め尽くされてしまいます。


そこで、四季報の有効な活用法を発見しました。

今日のような雨の日、道路の水たまりに靴が浸かったり、そしてその靴をベランダで干そうとして、雨に濡れたりすること、ありますよね。そんな時に古くなった四季報を使うのです。

使い方はいたって簡単。四季報を1ページづつ破り取って、クシャクシャにして、靴の中に詰め込むのです。

これで、古くなった四季報がリユースできて、しかも靴も乾いて一石二鳥ですね。
関連記事