スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOに向いたブログタイトル

このブログのタイトルが変わりました。ついでに作者の名前も変わりました。

以前のタイトルは、「ブラックハットなSEO」でした、これでも結構シンプルで検索エンジン受けはいいはず、しかも、書こうとしているブログ内容そのままなので、読者様(いるかどうかわからないが・・)にも分かりやすいブログタイトルであった。これを「SEO(検索エンジン最適化)」という風にさらにシンプルなタイトルに変えました。

ウェブページの「タイトル」の付け方についてウェブマスターツールにも書いてあるので引用する。


•具体的でわかりやすいページ タイトルを付ける。ホームページに "Home"、特定人物のプロフィールのページに "Profile" のような曖昧なタイトルを付けないようにします。また、不必要に長すぎるものや冗長なものも避けます。検索結果にタイトルが表示されたときに、その一部しか表示されなくなります。

•キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。タイトルに具体的なキーワードをいくつか含めると効果がある場合もありますが、同じ語句を何度も繰り返しすのは無意味なだけです。たとえば、"中古車、中古 車、中古自動車、中古 自動車" のようなタイトルはユーザーの利便性を下げるものであり、このようなキーワードの乱用は Google やユーザーから不正行為と見なされる可能性があります。                     ”
つまり、サイトのタイトルはSinple is best!

それから実際の検索結果でもそうだが、検索結果の上位に表示されるサイトに共通していることは、タイトルがシンプルである。そして、タイトルに検索した「キーワード」が入っている。中には検索した「キーワード」そのまま「タイトル」であったりする。

私が、検索上位表示されたい、キーワードは「SEO」なので当然タイトルに「SEO」という文字はいれる。そしてタイトルが「SEO」だけでは、読者に何のことが書いてあるのか分からないかもしれないし、少しカッコ悪いので、日本語で(検索エンジン最適化)といれた。「SEO」も「検索エンジン最適化」も同じ意味なので検索エンジン的には、最高のタイトルだと思う。


それから、作者の名前、以前は「せお」でしたが、これも「SEO」に変えました。これにもSEO的に有利な理由があります。きのう書いた「コメント」に関する記事それから以前書いた記事「アンカーテキストの重要性」と関係があります。

他のブロガーに、コメントしてリンクを貼る場合、アンカーテキストが、「作者名」になることがよくあるのです。アンカーテキストは、SEO対策でとても重要です。例えばこのブログであれば、「SEO」で検索上位表示されたいので、アンカーテキストは「SEO」が最適です。このブログの「作者名」とコメントしたときに入力した名前(アンカーテキストになるかもしれない名前)が違うものであれば、それはコメントスパムとみなされても仕方ないだろう、Googleボットでもそれくらいは見破れるだろう。

これが、「タイトル」と「作者名」を変えた理由です。ある程度検索エンジンで上位に表示されるようになってから、「タイトル」や「作者名」などを変えるのは検索結果に影響を与えるので、なるべく早めに決めてしまうのがいいだろう。

タイトルも作者名も少し最適化されすぎのような気もするが、今の時点で心配する必要はない、なぜなら、このブログはまだ検索エンジンにindexされてないからだ(笑)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。