コメントとコメントスパムの違い

大概のブログサービスには、コメント機能がついている。
そして、そのコメントに自分のサイトへのリンクが貼れることがある。しかも、「nofollow」タグなしでリンクを貼れることがあるので、能動的に被リンクを得る1つの有効な方法である。

しかし、コメントスパムという言葉があるように、場合によっては検索エンジンスパムに該当する場合がある。
いったい「コメント」と「コメントスパム」の違いは何か調べてみた。

こういう時に役に立つのがウェブマスターツールである。早速ちょうどいい記事を見つけたので、少し引用しよう。
”スクリプトや他のソフトウェアを使用してスパムを生成し投稿します。広告のようなコメントや関係のないサイトへのランダム リンクはコメント スパムです。”とある。
最近では自動的に、コメント欄を発見し、妥当なコメントを生成し、投稿するようなソフトウェアもあるようだ。

意外とコメントスパムの定義は簡単で、逆にそんなソフトウェアを使いこなす方が難しいし、ランダムリンクなんて、私にはとてもできない。記事に関係ないコメントなんて、気が引けてとても書けない。
要するにコメントスパムは、モラルの問題で、リンクを貼るかどうかとは関係ない。特に発リンクやSEOにはこだわってなくて、単にコメントが欲しいひともいるだろうし、ブログをSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のようにコミュニティの場として使いたい人もいるのだ。そういうブログを書いてる人には、どんどんコメントしてあげるべきだと思うのだか…どうだろう。

とてもユニークで面白いサイト、とても役に立つサイト、に出会ったら、何かコメントしたくなりませんか?コメントしましょうよ。そんな時どこの誰がコメントしたのか、わかるようにURLくらい入力してもいいと思いますよ。どのブログでも、コメントはウェブサイトの管理人が削除したり、コメント自体表示されないようにできるのです。また、コメントもリンク先も表示したいけど、SEO的に少し困るという人は「nofollow」タグを使いましょう。

とにかく、コメントスパムなどは、ブログの管理人のコメント管理で簡単に削除できるし、モラルのある人なら普通にコメントして大丈夫だ。私にとってはコメントスパムなどない。そしてこのブログも、コメントは大歓迎だ!
批判的なコメントも歓迎するよ^^

関連記事